経験豊富なゆとり世代

ゆとりの無いゆとり世代の経験談

地震対策/当たり前の最低限の対策ぐらいしておきましょう

f:id:keikenhoufunayutorisedai:20180409202118j:plain



日本は地震大国と呼ばれるほど、地震の多い国です。

いつご自身の地域に大きな地震が起きてもおかしくありません。

地震に対する対策や知識をしっかりと身につけていきましょう。

 

家具の転落防止

f:id:keikenhoufunayutorisedai:20180409202156j:plain

地震が起きた時の屋内のけがの主な原因は、家具の転倒または落下です。しっかりと対策することは重要です。

家具と天井の間をつっぱり棒で固定しましょう。家具を天井で支えるだけなので、壁に穴を開けることもなく簡単に取り付けることができます。

 

災害への備え

f:id:keikenhoufunayutorisedai:20180409202255j:plain

3日分の水と食料(目安1人1日3リットル)
ラジオ
懐中電灯
衣類

 

地震が起こった時の行動

身を守る

f:id:keikenhoufunayutorisedai:20180409202353j:plain

最優先事項です。テーブルの下に隠れるなどして、落下物から頭を守りましょう。

慌てて外に飛び出す行為は避けて下さい。大変危険です。

出口を作る

f:id:keikenhoufunayutorisedai:20180409202413j:plain

身の安全が確保された場合は、ドアや窓が変形して開かなくなる場合があるので、ドアや窓を開けておきましょう。

火災を防ぐ

f:id:keikenhoufunayutorisedai:20180409202431j:plain

揺れが収まってからで構いません。ガスの元栓をしめましょう。電気のブレーカーも切っておくとよいでしょう。

 

まとめ

みなさんも知っているような当たり前の情報かもしれません。

だからといって油断していませんか?

ちゃんと対策はしているのでしょうか?

慌てていても行動に移せるのでしょうか?

しっかりと確認しておきましょう。