経験豊富なゆとり世代

ゆとりの無いゆとり世代の経験談

【体罰問題】いい年こいた大人達がネットで生徒を叩く/教師を擁護することの危険性

f:id:keikenhoufunayutorisedai:20190206225904j:plain

取り上げた事件の現状

最近、話題に事欠かない体罰問題ですが。

あるニュースによって論争になっております。

町田総合高校の体罰問題です。

 

生徒の顔を殴り、倒れた生徒を引きずり回すという動画が流れ。体罰の酷さを物語る動画でした。

 

しかし、ここで問題になっているのは、その動画は生徒が教師をハメる為に撮影されたものでした。

 

ネット上では

・先生より生徒に問題あり。

・実は良い先生だった。

・今回の体罰は許される。

・撮影している事がおかしい。

 

といった具合に、教師を擁護する意見が多く目立つようになりました。

 

では、どちらが悪いのでしょうか?

先に断言しておきましょう。

悪いのは教師です。

 

「え?意味がわからない」

「は?ふざけるな!」

 

と反発したくなる人もいるでしょう。

ネットの反応を見る限り、ほとんどの人が生徒が悪いと思っていることでしょう。

しかし、ネットの情報に翻弄されていませんか?

大多数の意見が正しいとは決まっていません。

ここで少し整理してみましょう。

 

教師と生徒の力関係

 

皆さんも学生だった時に、恐い先生の1人や2人はいましたよね?

先生を怒らなさいように先生の顔色を見ながら授業を受けたものです。

先生に逆らうヤンキーと言われる生徒はごく一部であり。

近年では

ヤンキー=ダサい

という捉えられ方になっているそうですが。

ほとんどの生徒は毎日学校に通い。先生の言うことを聞きながら授業を受けています。

何故だと思いますか?

先生が恐いからですか?

違います。

自分の成績に響くからです。

特に受験生にとってはナイーブな部分でしょう。

「俺は勉強してなかったから成績なんかどうでもよかった。」

という人もいるかもしれませんが、卒業資格は欲しかったですよね?

成績が悪いと課題を出されるでしょう。

テスト勉強は嫌でも課題は達成してきたと思います。

 

通信簿というのはテストの点数だけで評価されません。

先生の感情が関係してきます。

自分の気に入った生徒には良い評価を付ける。

当たり前のように行われています。

そして子供達もバカではないので、それに気付いています。

同じことをしてもあの子は怒られないのに自分は怒られる。理不尽な思いをしたり見たりしてきたと思います。

推薦の枠から外したりするのも教師の気持ち1つでしょう。

生徒目線に立つと、教師に逆らうことはデメリットでしかありません。

 

モンスターペアレントと呼ばれる親がいて、今では教師の方が力がないと思われがちですが、モンスターペアレントと呼ばれる親もごく一部なのです。

大半の親は、子供が変に嫌われて学校で嫌な思いをしないように見守っている親のが多いのではないでしょうか?

ハッキリ言っておきます。

学校生活において生徒よりも教師のが力を持っています。

もし、生徒のが力を持っていたら、恐くて体罰なんかこの世からなくなるでしょう。

 

 今回の問題点

両方の視点から考える

ハメるという行為は当然許されるべきではありません。人を陥れる悪意に満ち溢れた行為です。

しかし、その生徒達にはその方法以外になかったのではないでしょうか?

良い先生だった。

誰が流した情報でしょうか?

良い先生かどうかは個人差であり、あくまで相性です。

普段から体罰をする先生をどうにかしてほしいというSOSだったのかもしれません。

挑発されたことによって起こる体罰を許すのであれば、その生徒達も許されるべきだと思います。

 

撮影したことが悪いことなのか

撮影していることを問題視する人もいますが、撮影されて困るのは犯人目線です。

コンビニなどで防犯カメラを見て

「嫌だな。このコンビニやめとこ。」

ってなりますか?

カメラは抑止力であり、安心感に繋がります。

学校生活というのは親の手の届かない無法地帯です。

いじめられている映像が残れば、それが証拠になり、ネットで叩かれれば学校も重い腰を上げて問題解決に至るでしょう。

 

挑発したことが問題?

生徒が教師を挑発しているだけの動画だったら、その生徒は処罰を受けていたでしょう。

 

撮影が悪い?

もし反対に生徒が教師を殴っている動画だったら生徒が処罰を受けていたでしょう。

カメラが向けられている環境は生徒だけでなく、教師も守られています。

ここでの問題はあくまで体罰問題なのです。

今回のケースだけが許されることはないのです。

 

まとめ

そもそも先生側に加担する人が多くいますが、私が街中で人を殴ったとしましょう。

その理由はこうです。

「しつこく挑発されてムカついたから」

どう思いますか?

これが擁護されることの恐ろしさを理解していますか?

挑発されてなぜ殴ったのか?

それはムカついたからです。

怒りの感情以外ないですよね。

 

体罰、DV、虐待。

もうそんな言葉もいりません。

ムカついたら殴っていいのです。

これが本質です。

それぞれ思考や感情が違うので色んな声が出て当然です。

しかし、問題の本質はあくまで体罰問題なのです。